トップページ

全てを超越する最強で無敵の創作系プロジェクト強化法の開発


始めに


  • 継承と統合では、プロジェクトの魅力を高めることに着眼しています。
  • 魅力が高められれば、何でも超えられます。
  • このプロジェクト強化法は、例えるなら、斬れば斬るほど、切れ味が増す刀のようなものだし、アルゴーでもあります。
  • 夢と願いが叶う剣でもあります。
  • 現実と夢を統合できる魔法でもあります。
  • 万物が溶けていくスープでもあり、時を超える未来への鍵でもあります。
  • 万物が溶けて、形をかえていく姿は、まるで結晶のようでもあります。
  • その結晶は、賢者の石でもあります。
  • 全ての物語や地図が指し示す財宝でもあります。
  • これには、大きな謎と報酬があります。
  • 放たれた龍は、どこまでも上昇して、覚醒していく。
  • 龍が舞い上がった空からは、星が降り注ぎ、叶っては膨らむ夢で満たされる神剣になる。
  • 統合や演算によって、魅力を高めれば、人は夢中になる。
  • 誰をも魅了してやまない魔性の剣でもある。
  • 誰も傷つけずに、頂点に立ち、さらに上へと昇り続ける。
  • それは、選ばれし者の徴にもなる。
  • 継承と統合には、人やものやことをつなぐ性質がある。
  • この考えは、統合され、継承されていく。
  • この考えは、まだ誰もたどり着いていない高みを進んでいく。
  • これが、どんな代物かは、よく読んで感じてほしい。
  • 参加FAQ

このWIkiの方針


  • このプロジェクト開発手法の開発でかけはなしたのは、プロジェクトの魅力を高めるという夢や独自の考え
  • 魅力が高められれば、何でも超えられる。
  • これは、言ってみれば、創造の神話で、その物語や謎には、人々を夢中にさせるありとあらゆるものやことがある。
  • このWikiでは、独自の考えから、その答えの豊富な手掛かりを示していく。

継承と統合について


  • いい要素は継承して、新たな要素を統合していく。
  • 夢も継承と統合した方がいい。
  • 夢を叶えたり、仮説が成り立つと、魅力が身につく。
  • 継承によって増分が生まれ、乗算もできるようになる。
  • できたプロジェクトは、いくつに分かれてもいいが、1つを選ぶなら、1つにした方がいい。
  • 継承と統合していけば、できたプロジェクトから新しいプロジェクトが生まれる。
  • 継承は、どこからでも新たに始められる。
  • 世界や継承の道は、いくつあってもいいし、どう統合してもいい。
  • 継承していれば、前のプロジェクトから次のプロジェクトの周辺増分を逆算できる。
  • 継承していれば、前のプロジェクトから、法則性と制限が分かるので、例外を出せば、独自性も高められる。
  • 継承されているということは、連鎖的にアップデートができる。
  • 統計的に法則性が見つかれば、プロジェクトを連鎖的にアップデートできる。
  • 連鎖については、ネットワーク分野で話を進める。
  • 法則性から外れて、例外が生まれて、新しいことが始まると、派生して独立する。
  • 演算によって、千変万化し、その違いも強化できる。
  • 物語性に利用すれば、創作系全般に応用できる。
  • 継承と統合自体も継承と統合できる。
  • 新しいプロジェクトを考えるとき、頭の中には、それまでの要素があり、あるとき、欠片が補われる。
  • その結びつきには、論理的な説明を追加できるということは、魅力を強化でき、何の造作もなく、全てを超えられるということになる。
  • 継承と統合は、、不可逆的な強化ができる。
  • 答えは出ているが、継承されて、アップデートや追記は、永遠に続く。
  • これには、限りない成功と永遠の勝利がある。

継承と統合の魅力


  • いいということに上限がないことに対して、有効な性質がある。
  • 抽象的な要素を演算して、無限に強化できる。
  • 演算には、累積や上乗せといった性質がある。
  • 新しい要素が生じても、柔軟に対応できる性質がある。
  • 全てをつなぐ鍵の性質がある。
  • パズルの性質も持っていて、余分なものはなく、野球でいうなら、ストライクゾーン全域をカバーしているようなもので、命中率も高い。
  • 統合や対比によって、魅力を高めながら、鋭さと鮮やかさも創り出せる。
  • 共同開発しやすいという特徴がある。
  • これは、言い換えるなら、結晶化のようなもので、いい部分が残り、新しいものも生まれる。
  • 物語性は、演算で説明ができる?
  • すでに、物語性や演算で、魅力を際限なく高められることは、わかっている。
  • この手法を解明すれば、全てを超えられる?
  • 叶っては膨らむ夢で満たされる。
  • 継承と統合は、全てを超えることができる。
  • 自分で創り出したものすらも超えて、どこまでも昇っていく楽しさがある。<b-この世のありとあらゆるものは、だいたい創造できる。
  • 継承と統合では、幸運すらも創り出せる。
  • 継承と統合自体は、プロジェクト開発手法であって、魅力自体には形がないので、ここで開発されているものやことには、形がないものが多い。

強化点について


  • 例えば、洋服1つにしても、上層には、作り手が思い描いているいい暮らしのような思想があるはず。
  • それは、ファッション性や機能性などの下層にある特徴に向かって、定義を展開していくことができる。
  • まずは、そういった下層の特徴が、強化点になる。
  • 下層の特徴を強化したら、人とは違う魅力が高い考えの上層を定義して、強化する。
  • 上層を直接、強化できるなら、そうしても問題ない。
  • 上層が強化されれば、下層の特徴にも、伝播する。
  • 強化自体は、演算で、その内容には、論理的説明が追加される。

メーンメニュー




派生プロジェクト


banner_canaan.png banner_parallel.png banner_innovation.png banner_golem.png banner_flowers.png

実践例



派生手法


  • 直観と要領
  • 法則性と例外
  • ネットワーク
  • 定義と展開

伝承


  • 龍図




  • 特徴に収束させていくと、誰でも装備できるようになる。

進化


  • 運命が溶けあい、進化していくことで、異質になっていく。

覚醒



輝く世界


  • 自分にとっての、この世界に意味と、この世界にとっての自分の役割が違えば、考え方、ものの見方、捉え方などが、そもそも根本的にかわってくる。
  • それらが溶けあうスープは、緻密で奥深い味わいになる。

  • 継承と統合は、万物が溶けたスープでもあるが、余すところがない。
  • 輝く世界では、誰もが活躍する。
  • それを、ただ眺めているか、一緒に革命を起こすか、という問いに対する答えは、誰だって、決まっている。

  • シルバームーン

グランドスラム


 森羅万象を超えていく。
 どこまでも昇る龍は、次第に輝きを増して、力強く、華麗に姿をかえていく。
 これらは、思想のように硬く柔らかく、斬るものを斬り、斬らないものを斬らず、伝播する。
 それらを超えていくということは、化身が体の一部になっていくということでもある。
 龍が舞い上がった空からは、虹色の星が降り注ぐ。
 叶っては膨らむ夢で満たされていく。
 花が咲き乱れ、世界が輝きに満ちていく。

548px-fujishouryuzu.png

  • 運命
  • 予言
  • ミュージック
  • 白鳥
  • プラチナ
  • 宝石
  • 革命
  • 幻想

200px-Fujin.png 300px-Raijin-ogata-emuseum.png

墓標


  • REST IN PEACE

編集者メニュー



  • 最終更新:2018-11-12 18:22:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード